速度良好!縛りなしWiFiの使用レビューと評判・口コミが良い理由

解約金不要のポケットWiFiである「縛りなしWiFi」を3ヶ月程契約して使ってみました。違約金がない大きなメリットもありますが、それ以外にもなぜ多くのポケットWiFiから縛りなしWiFiが選ばれるのかも、実際に使ってわかりました。

そこで本記事では、「縛りなしWiFi」の使用レビューとユーザーからの評判・口コミが良い理由を徹底紹介。ご契約の参考になりましたら幸いです。

「縛りなしWiFi」を契約!早速レビューしてみた

縛りなしWiFi公式サイト経由で、WiFiを契約してみました。契約手続きをしてから2~3日でポストに投函されており、しっかりとエアパッキンに包まれているため、外傷などは全くありません。

編集部:加藤
それでは早速、縛りなしWiFiを使った感想やレビューを紹介します。

同梱物の確認

エアパッキンの中に包まれていたのは、ACアダプタ、micro USBケーブル、そしてモバイルWiFiルーターの3点セット。余計なものを一切含まれておらず、特に設定の仕方が書かれている用紙も見当たりませんでした。

届いたルーターはソフトバンク回線の「FS030W」

縛りなしWiFiは、WiMAX回線もしくはソフトバンク回線の2つが用意されています。これらを自分で選ぶことはできず、縛りなしWiFi運営が住所などを見て適切な回線のポケットWiFiを自宅まで届けてくれます。

筆者は今回ソフトバンク回線が選ばれました。届いたモバイルWiFiルーターは「FS030W」と呼ばれる、正方形の手のひらサイズポケットWiFiです。

縛りなしWiFi公式サイトでは、WiMAXならSpeed Wi-Fi NEXT W04、WX05、ソフトバンク回線なら603HW、502HWがラインナップとして紹介されていますが、在庫がなかったことから、FS030Wが送られてきたのだと思います。

スペック面で劣っているかと言われるとそうでもないので、特に不満はありません。また、ACアダプタは同梱しないと書かれていましたが、筆者が契約した時は一緒に送られてきました。とは言え、ないよりある方がマシなので、これは嬉しい誤算と言えます。

Wi-Fiに接続するためのSSIDやパスワードはルーターの裏に貼ってあります。端末管理番号も一緒になっているので、このシールは絶対に剥がさないでください。ルーターを返却する時は管理番号を見てきちんと返却できたかを確認するため、これがなかった場合、端末紛失とみなされる可能性もあります。

縛りなしWiFiの通信速度実測値

縛りなしWiFiをiPhone 8に接続して、早速通信速度を測ってみました。

計測時間 下り速度(Mbps) 上り速度(Mbps) PING(ms)
13時台 28.4 17.8 34
15時台 24.5 18.0 50

ソフトバンクのLTE回線なので、もしかしたら速度が遅いかなと思っていましたが、こちらの想定以上の通信速度が出ていました。ポケットWiFiで下り速度が20Mbps超えているのでしたら、日常的に使う分には全く困りません。

編集部:加藤
WiMAX回線のほうが速いのは間違いありませんが、通信エリアの広さではソフトバンク回線が有利。速度がそこそこ速く、通信範囲も広いので、結果的に満足しています。

使ってわかった「縛りなしWiFi」3つのメリット

実際に縛りなしWiFiを契約し、使ったみた上でわかったメリットが3つあります。

契約期間縛りと違約金が一切ない

数あるポケットWiFiの中で縛りなしWiFiを選んだ理由の一つは、「契約期間の縛りがなく、その上違約金も発生しない」からです。おそらく、同様の理由で縛りなしWiFiを選んだというユーザーも多いのではないでしょうか。

通常のポケットWiFiならば、短くて2年縛り、WiMAXだと3年縛りとなり、その上契約期間内に解約した時は違約金をいくらか支払わなければなりません。例として、ワイモバイルとUQ WiMAXの違約金を表にまとめました。

違約金
ワイモバイル 9,800円
UQ WiMAX 19,000 ~ 9,800円

上記2つのモバイルWiFiは、「更新月」と呼ばれる1ヶ月間が存在し、その期間内に解約手続きをしなかった場合は契約が自動更新され、また違約金も発生するようになります。更新月に解約すれば違約金は0円となりますが、それを気にしながらポケットWiFiを使うのは少々窮屈に感じます。

ですが「縛りなしWiFi」を契約すれば、契約期間縛りの呪縛から開放されるので、いつ解約するか明確に決まっていない人にメリットのあるポケットWiFiだと感じます。

月額料金が他のモバイルWiFiより以上に安い

縛りなしWiFiには、2つのプランが用意されています。それぞれのプランの月額料金は、下記のとおりです。

縛りなしプラン 縛っちゃうプラン
月額料金 3,300円 2,800円

実は、縛りなしWiFiには契約期間の縛りをすることで月額料金を安くするプランが用意されています。その名も「縛っちゃうプラン」で、契約期間は3年となっていますが、その分縛りなしプランよりも500円安い月額2,800円でポケットWiFiが使えます。

ここで疑問となるのが、縛りなしWiFiの両プランは、他の似たような月額制レンタルポケットWiFiと比較して安いかどうかです。安いと言われているモバイルWiFiと月額料金を比較して表にまとめました。

月額料金
縛りなしWiFi 3,300円
縛りなしWiFi(3年) 2,800円
SPACE WiFi 3,680円
SAKURA WiFi 3,680円

上記はいずれも契約期間の縛りがないポケットWiFiとなります。それらと比較しても、縛りなしWiFiの月額料金が飛び抜けてやすいのがわかります。

編集部:加藤
最終的にポケットWiFiを決める時は、やっぱり月額料金の安さが重要になります。その中でここまで安い縛りなしWiFiは、業界を見渡しても唯一無二の存在と言えるでしょう。

オプションの加入が強制ではない

月額料金が安いポケットWiFiは縛りなしWiFiを含めて色々存在します。ですが、オプション加入が必須なポケットWiFiも存在しており、その料金を含めると実質料金が跳ね上がってしまいます。

そんな中、縛りなしWiFiでは次のオプションが用意されています。

  • 安心サポート:月額500円
  • モバイルバッテリー:月額300円

しかし、これらオプションの加入は必須ではありません

必須ではありませんが、安心サポートについては契約時のみの加入しかできなく、途中で入ることはできません。もし、端末を故障させてしまう可能性があるのでしたら加入すべきですが、そうではない人ならば無理に加入しなくても大丈夫です。

この辺りは自己判断となりますが、最悪故障した時は端末破損として39,800円全額の支払いとなるので注意しましょう。

ここがイマイチ?「縛りなしWiFi」3つのデメリット

メリットがあるとすれば、デメリットも当然存在します。ここでは、縛りなしWiFiを契約する際のデメリットを3点ご紹介します。

回線と端末を選ぶことができない

公式サイトを見ると、ソフトバンク回線なら603HWと502HWの2つ、WiMAX回線ならばSpeed Wi-Fi NEXT WX05とW04の2つがラインナップとして掲載されています。

一目サイトを見た限りでは、「この中から好きなのを選べるのか」と思いがちですが、実は私達ユーザーが回線を決めることはできず、なおかつルーターも選ぶことはできません。全て、縛りなしWiFi側でチョイスして、自宅まで郵送してくれます。

ですので、通信速度が速いWiMAX回線を希望している人に、もしかしたらソフトバンク回線が届くこともあります。回線にこだわりのある人であれば、「端末と回線を選べない」ことがデメリットになるでしょう。

縛っちゃうプランは違約金が2種類ある

縛りなしWiFiは、契約期間の縛りがないことがメリットです。その一方で、月額料金を更に安くするけれども、契約期間の縛りをつける「縛っちゃうプラン」も存在します。

縛っちゃうプランは、次のようなサービス概要となっています。

縛っちゃうプラン
月額料金 2,800円
契約期間 3年
契約解除料 15,000円
端末 601HWシリーズ
端末弁済金 なし

月額料金が2,800円と非常に安いです。しかし、契約期間が3年間で、もし37ヶ月目に解約をしなかった場合は3年間の自動更新となります。当然ながら更新月以外はまた解約金が15,000円となるので、一般的なポケットWiFiと変わりありません。

縛っちゃうプランの場合端末レンタルではなく買取であるため、3年以内に解約する場合は端末違約金も発生します。端末違約金は、「契約残月数 × 1,200円」。

仮に20ヶ月目に解約した場合は、残り16ヶ月となるので「16ヶ月 × 1,200円」で、端末違約金を19,200円(税抜)で支払わなければなりません。

編集部:加藤
また、縛っちゃうプランではWiMAX回線は使えず、ソフトバンク回線固定となります。縛っちゃうプランを契約するのは、3年間使うという強い意志を持っている人だけオススメします。

完全データ通信無制限で使えるわけではない

WiMAXとソフトバンク回線のどちらかが使える縛りなしWiFiですが、完全データ通信無制限で使えるわけではありません。それぞれ、次のような制限があります。

  • WiMAX:3日10GB以上で翌日の18時~2時まで1Mbps速度制限
  • ソフトバンク:1日3GBまで。超えたら当日128kbpsまでの速度制限

ソフトバンクのほうが多少制限が厳しいですが、1日3GBまで使えるのでしたらポケットWiFiとして十分ではあります。WiMAXの場合は、上手く使えば完全無制限となりますが、一応速度制限の規定はあるとだけ覚えてもらえたら幸いです。

「縛りなしWiFi」ユーザーからの評判・口コミまとめ

SNSなどで、縛りなしWiFiについてどんな口コミや評判があるのかをまとめました。

良い評判・口コミ

  • 実家の光回線より通信速度が速かった
  • 月額料金が安い上に契約金も一切ないシンプルな体系が好印象
  • 違約金が一切ないので、いつでも解約できる手軽さが良かった

メリットでも書きましたが、やはり、月額料金が安いことと解約金が一切発生しないのが良いという評判が多かったです。加えて、ポケットWiFiだけれども通信速度もそれなりに速いという口コミや、初期費用も一切発生しないのが高評価の要因として見られました。

悪い評判・口コミ

  • 通信速度は速いけどサイトに掲載がない「FS030W」が送られてきた…これ本当に大丈夫?
  • 悪くはないけれどもポケットWiFi相応の速度だった

逆に悪い口コミにはどんなものがあるのかをチェックしましたが、決定的な悪い評判は見当たりません。唯一私も体験した、公式サイトには掲載されていない「FS030W」が送られてきたことだけが、やはり口コミとして挙げている人もいます。

ですが、中には603HWや502HWが届いた人もいるので、この辺りは在庫状況に左右されるのは間違いありません。これらの悪い評判を除けば、ほぼほぼ満点に近いレンタルポケットWiFiかもしれません。

「縛りなしWiFi」の契約手順

縛りなしWiFiはリアル店舗が存在せず、公式サイトを経由して契約することが可能です。

外部縛りなしWiFi公式ページ

  1. お申込情報の入力
  2. お客様情報の入力
  3. 決済方法の選択
  4. 内容確認して申込み完了
  5. 配達希望日に縛りなしWiFiが自宅に配送される

公式ページのお申込みリンクをクリックすると、申し込み情報の入力欄が表示されます。お申込情報入力ページでは、プラン選択、申込み台数、配達希望日、利用終了予定日、オプションサービスの選択が可能。

次にお客様情報として、縛りなしWiFiの送り先を入力して、最後に支払い方法を決めたら申込み完了となります。なお、決済はクレジットカードのみ対応です。デビットカードおよび口座振替は使えないので注意してください。

「縛りなしWiFi」のレビューまとめ

ここまで、縛りなしWiFiを使ってみた上でのレビューや、他ユーザーの評判・口コミを紹介してきました。

今まで様々なポケットWiFiを使ってきましたが、その中でもダントツで月額料金が安く、その上シンプルで使いやすいと感じたのが今回紹介した縛りなしWiFiです。

  • 契約期間を気にしたくない人は、月額3,300円の「縛りなしプラン」
  • 3年契約でもいいのでとにかく安く使いたい人は、月額2,800円の「縛っちゃうプラン」

縛りなしWiFiを契約するのでしたら、上記のように選ぶのが良いかと思います。非常にオススメできるレンタルポケットWiFiなので、今現在どれを選ぼうか悩んでいる人は、コレを機会に縛りなしWiFiも検討してもらえたら幸いです。

縛りなしWiFi
5

初期費用・契約期間による違約金一切不要!今話題の月額制レンタルポケットWiFi。

最新情報をチェックしよう!