クレジットカード以外で契約できるレンタルポケットWiFi5選【口座振替/代引き】

クレジットカードを何かしらの理由で使うことができず、ポケットWiFiを口座振替や現金払いでレンタルしたいとお考えではないでしょうか。色々なレンタルポケットWiFiがありますが、実はそこまでクレジットカード以外に対応しているサービスは多くありません。

しかし、いくつかオススメできる候補はあります。

そこで本記事では、クレジットカードなしで契約できるレンタルポケットWiFiを、短期間・長期間に分けて5つ紹介。口座振替や現金払いの注意点と一緒に、ご参考になりましたら幸いです。

ポケットWiFiを現金払いや口座振替レンタルする時に知っておきたいこと

通常ポケットWiFiのレンタルは、クレジットカードが鉄則です。なぜなら、料金がレンタル期間で変動するからです。

例えば、ポケットWiFiを7日間レンタルしたとしても、これが2週間もレンタル期間が伸びてしまった場合は、別途追加料金の徴収を会社側でしなければなりません。その手間や、確実に追加徴収のレンタル料金を取れるか保証が一切ないので、レンタルにおいて現金払いや口座振替は嫌われております。

ですがその一方で、現金払いや口座振替に対応しているレンタルポケットWiFiが存在するのは事実。それらのサービスは共通して、とある施策を講じています。

前払いと保証金を契約時に徴収する

現金払い、口座振替、デビットカードを利用できるレンタルポケットWiFiでは、ほぼ前払いと保証金制度を導入しています

前払いについてはなんとなく想像ができるでしょう。例えば、7日間レンタルするのでしたら、借りる時に一気に7日分の料金を支払ってもらうイメージです。

前払いに加え、ほとんどのサービスでは「保証金」を用意して貰う形になります。保証金の価格は契約するポケットWiFiで変わってきますが、5,000円程度の所が多いです。つまり、契約する際に別途保証金の支払いも必要になるため、余計に初期費用が掛かることになります。

保証金は当然レンタルが終わったら返金処理されますが、振込手数料を差し引かれたり、翌月の返金処理になることもあるので、正直メリットは少ないです。

なぜ口座振替は保証金が必要なのか

クレジットカードと違い、口座振替に保証金が必要な理由は「引き落とし」ではないからです。クレジットカードなら請求はカード会社を通して契約した本人に請求されるので、企業側は利用手数料以外のデメリットは特にありません。つまり、必ず利用分の請求金額を受け取ることが可能です。

しかし、口座振替は自動引き落としではなく、契約した本人にレンタルポケットWiFi側が請求をしなければならないのがデメリット。請求しても支払いを拒むこともありますし、もし追加のレンタル代金を支払ってもらえなければ赤字になります。

そのため、口座振替では保証金が必要となるケースが多いのです。

編集部:加藤
その他、「NP後払い決済」というシステムを導入しているレンタルポケットWiFiもあります。

急ぎのレンタルに口座振替や前払いはオススメしない

明日すぐにポケットWiFiをレンタルしたい人には、クレジットカード以外の決済をオススメしません。なぜなら、口座振替や前払いは、きちんと支払いできたかの確認や回収代行の与信確認が必要になるからです。

そのため、クレジットカードだと最短当日の発送にも関わらず、口座振替やコンビニ決済前払いだと最短3日程度かかることもあります。ですので、急ぎでポケットWiFiをレンタルする時はクレジットカード払いがオススメです。

クレジットカード以外の短期間向けレンタルポケットWiFi 3選

ここまで、ポケットWiFiを口座振替や前払いでレンタルする時の注意点を紹介してきました。次に、1ヶ月程度の短期間で使う場合にオススメできる、クレジットカード払い以外のレンタルポケットWiFiを3つ紹介します。

  1. WiFi東京
  2. TRE MOBILE RENTAL
  3. RTM WiFiレンタル便

1日~1ヶ月あたりの料金、保証金などはどうなっているかを詳しく解説していきます。

WiFi東京

1日あたりの料金400円
1ヶ月あたりの料金6,000円
初期手数料(送料含)1,000円
支払い方法クレカ/デビットカード/口座振替
保証金5,000円

1日あたり400円から利用できるレンタルポケットWiFiです。借りられる端末は全てソフトバンク回線となっています。完全データ無制限で使えるとは言えず、3日で10GB以上の通信量となってしまうと翌日の18時~1時まで1Mbpsの速度制限が発生します。

ですが、それ以外の時間でしたら高速データ通信できるので、上手に使えばレンタル期間中は無制限運用ができるでしょう。

口座振替をする場合は、前払いの他に保証金が5,000円取られます。もしレンタル延長になった場合は、日数によって保証金から差し引く形になっており、その残高が最終的に戻ってきます。

RTM WiFiレンタル便

1日あたりの料金500~750円
1ヶ月あたりの料金6,000~8,400円
初期手数料(送料含)648円
支払い方法クレカ/代引/口座振替
楽天バンク決済/コンビニペイジー
保証金

保証金が必要のないレンタルポケットWiFiです。ただし、口座振替の場合は電話での本人確認や発送が最短で3日かかるなどの制約があります。また、レンタル遅延を起こした場合はNP後払い決済経由で代金回収が行われます。

もう1点気をつけたいのは、レンタル期間の詳細についてです。RTM WiFiレンタル便では、端末到着から端末返却までがご利用日数にカウントされます。ですので、余裕を持って端末返却しないと追加料金が徴収されることもあるので注意してください。

TRE MOBILE RENTAL

1日あたりの料金980~1,120円
1ヶ月あたりの料金3,280~7,560円
初期手数料(送料含)-円(+864円)
支払い方法クレカ/代引
保証金

口座振替ではなく、代引を選択できるレンタルポケットWiFiです。本人確認書類の提出が必要となるため、少し発送までに時間が掛かるのがデメリットです。

また、価格は安く見えますが、安いのは1ヶ月5GB、20GBまでしか使えないポケットWiFiです。データ通信無制限で使うのでしたら1ヶ月で6,000~7,560円ほどの料金となります。

送料ももちろん掛かりますが、公式ホームページには明記されておらず、正確にどのくらいの初期手数料が請求されるかは不明。さらに、代引きを選択した場合は決済手数料で864円かかるので初期費用は若干高めです。

クレジットカード以外の長期間向けレンタルポケットWiFi 2選

もし、1ヶ月程度ではなく半年や1年以上ポケットWiFiを使いたいのでしたら、長期間向けのレンタルWiFiがオススメです。その中でも、口座振替に対応しているオススメポケットWiFiは2つ。

  1. どんなときもWiFi
  2. NEXTモバイル

どんなときもWiFi

月額料金3,980円
契約期間2年
データ量完全無制限
決済方法クレカ/口座振替

完全データ無制限で使えるレンタルポケットWiFiが「どんなときもWiFi」です。契約期間があるので普通のポケットWiFiに思われますが、最後に端末の返却があるのでカテゴリー分類するとレンタルポケットWiFiとなります。

どんなときもWiFiの優れている点は、クレジットカードなしの口座振替で契約できる点もそうですが、最も大きなメリットはデータ通信無制限で使えることです。筆者もずっと使っていますが、これまで通信制限に引っかかったことはありません。

ただし、クレカ支払いの時は月額料金3,480円で、口座振替は3,980円と500円料金が高くなっているのがデメリット。安く契約するのでしたら、できるだけクレジットカード払いが良いですね。

NEXTモバイル

月額料金3,480円
契約期間2年
データ量30GB/月
決済方法クレカ/口座振替

NEXTモバイルは、20、30、50GBと1ヶ月に使えるデータ量が決まっているポケットWiFiです。厳密に分類するとレンタルポケットWiFiとは言えませんが、クレジットカード以外の口座振替にも対応しているWiFiであるので紹介しました。

なお、口座振替に対応しているのは30GBプランだけとなります。端末の返却も必要なく、契約したら自分のルーターとして解約後も使うことが可能です。

まとめ

以上、クレジットカード以外で契約できるレンタルポケットWiFiを短期向けに3つ、長期向けに2つ紹介してきました。それぞれのオススメポケットWiFiは次のとおりです。

  • 短期向け:WiFi東京
  • 長期向け:どんなときもWiFi

口座振替の場合は、クレジットカードよりも契約までのスピード感や料金面でも高くなりがちです。しかし、クレジットカードなしで契約するには仕方がないことなので、その辺は割り切って使うことをオススメします。

最新情報をチェックしよう!