ドコモ光とソフトバンク光どっちがおすすめ?料金や速度を徹底比較

ドコモ光かソフトバンク光、どちらかの契約をお考えではないでしょうか。

両者とも携帯キャリアがサービスを提供している光回線であり、月額料金やサービス面も似通っているので違いがわかりにくいと思います。しかし、どっちかを選ぶ際に、オススメできるユーザーとそうでないユーザーは明確に分かれます。

本記事では、ドコモ光とソフトバンク光を比較して、どっちがおすすめできるのかを徹底解説。光回線契約の参考になりましたら幸いです。

ドコモ光とは?

ドコモ光は NTTドコモが運営している光回線サービスです。

インターネット回線の提供には、フレッツ光の回線や各種ケーブルテレビの回線が利用されています。ドコモ光は2015年に始まったばかりの新しい回線事業ですが、NTTの光回線を利用しているので安定したインターネット通信を提供できるのが特徴です。

このようにNTTの光回線を借りてインターネットを提供することを光コラボレーションといい、 回線とプロバイダがセットになっているので、フレッツ光に比べてお得な価格でインターネットを利用することができます。

またドコモの携帯電話のユーザーであれば、スマホと光回線の両方を契約することで、ドコモ光セット割やdポイントのプレゼントなど多くのメリットを受けられるでしょう。

ソフトバンク光とは?

ソフトバンク光はドコモ光と同じ光コラボレーション事業で、ソフトバンクが運営している光回線サービスです。

ソフトバンク光もNTTの光回線を借りる形で2015年に導入されました。フレッツ光と同じ回線を利用しているので最大速度は1Gbpsです。

ソフトバンク光は回線とプロバイダがセットになっていますが、選択できるプロバイダはYahoo!BBのみです。ドコモ光のようにプロバイダ選択で迷う必要がなく、スムーズに契約を進めることができます。

またソフトバンクやワイモバイルのスマホユーザーの方なら、毎月の携帯料金がお得になる「おうち割光セット」を受けられます。

ドコモ光とソフトバンク光を6つのポイントで比較

ドコモ光とソフトバンク光を契約するに当たって、チェックしておきたい項目が6つあります。

  1. 月額料金
  2. 実際の通信速度
  3. スマホとのセット割引
  4. 契約期間内の解約による違約金
  5. 選べるプロバイダ
  6. 入会キャンペーンの有無
編集部:加藤
これら6項目を比較していくと、どっちを選ぶべきかが見えてくるはずです。

比較1:月額料金

まずはドコモ光とソフトバンク光の 月額料金を比較してみましょう。

ドコモ光

ドコモ光の月額料金は以下のとおりです。

契約種類戸建マンション
タイプA5,200円4,000円
タイプB5,400円4,200円
タイプC5,200円4,000円
単独タイプ5,000円3,800円

ドコモ光の料金体系にはタイプA・タイプB・タイプC・単独タイプの4つがあります。この中でフレッツ光の回線を利用したものはタイプA・タイプB・単独タイプの3つで、タイプCのみがケーブルテレビの光回線を利用しています。

タイプ A・タイプBに料金の差があるのは、選べるプロバイダの違いです。

プロバイダにこだわりがない場合は、素直に価格の低いタイプAを選ぶのがいいでしょう

タイプCはケーブルテレビの光回線なので、フレッツ光対応ではないエリアの人でもドコモ光を利用できる可能性があります。

単独タイプは回線とプロバイダがセットになっておらず、 回線のみの料金です。タイプA・タイプBに利用したいプロバイダがない場合、 希望するプロバイダを別途契約することができます。単独タイプが最も月額料金が高くなってしまうので、ほとんどの人にはメリットのない料金体系です。

ソフトバンク光

ソフトバンク光の月額料金は以下のとおりです。

戸建マンション
月額料金5,200円3,800円

ソフトバンク光の料金体系は1種類しかありません。

戸建:5,200円、マンション:,円とわかりやすい料金体系になっています。月額料金だけで比較するとドコモ光よりもソフトバンク光の方がコストを安く抑えられるでしょう。

比較2:通信速度

ドコモ光もソフトバンク光もフレッツ光西日本・東日本の光回線を利用しています。このため最大通信速度はどちらも1Gbpsです。

ドコモ光・ソフトバンク光ともにv6プラスを利用することができます。IPv4接続で回線が遅いと感じる場合は、v6プラスに申し込むのがいいでしょう。ただし、ドコモ光で選べるプロバイダの中にはv6プラスに対応していないものもあります。

また、回線を契約する前に希望のプロバイダがv6プラスに対応しているか、確認する必要があります。また最大速度1Gbpsと言っても、契約するプロバイダによって速度に差があることを考慮しておいてください。

ドコモ利用者の実際の通信速度例

ドコモ光に変えてから通信速度が速くなったユーザーの例です。ドコモ光はIPv6に対応しているプロバイダが多数用意されているため、自分の環境と相性が悪かった時に気軽に乗り換えできるのが大きなメリットと言えます。

実際にドコモ光が遅いと書いているユーザーもいましたが、この方は今までIPv4で接続していたみたいです。IPv6(v6プラス)にすることで劇的に速度が改善するので、もし今ドコモ光を使っていてソフトバンク光に乗り換えようか検討しているユーザーは、一度通信方式がどうなっているか見直してみてください。

ソフトバンク光利用者の実際の通信速度例

ソフトバンク光の利用者はたくさんいますが、通信速度は高いレベルで安定しているという評判・口コミが多いです。IPv6にも対応していますし、同梱されているルーターの性能も高いので、高速データ通信できているユーザーが多いです。

特にマンションではなく一軒家でソフトバンク光は速いと評判。マンションタイプだと賃貸によっては最大100Mbpsに制限されてしまいますが、一軒家はベストエフォートである1Gbpsくらいまでの速度が出せるので、それに近い数値を叩き出している人もいます。

逆にソフトバンク光が遅いと嘆いているユーザーもいます。遅い原因は自宅の環境もありますが、一つ大きな原因として利用しているLANケーブルが挙げられます。現在IPv6通信をするのでしたら「CAT7」に対応した下記のようなケーブルがおすすめです。

ソフトバンク光のルーターに同梱されているLANケーブルの品質があまり良くないので、これを交換することで速度が速くなる可能性があります。現在ソフトバンク光を利用しているユーザーはLANケーブルを変えてみてはいかがでしょうか。

比較3:スマホとのセット割引

ドコモ光とソフトバンク光には、それぞれ「ドコモ光セット割」と「おうち割 光セット」というセット割引があります。 それぞれの割引額や特徴を見てみましょう。

ドコモ光セット割詳細

ドコモ光セット割」はドコモのスマホと光回線のセット割引です。
割引額は契約しているスマホのパケット容量で異なっており、100円〜3500円の割引を受けることができます。

割引料金額は下の表を参照してください。

パケットパックドコモ光セット割
ギガホ-1,000円
ギガライト <ステップ4:〜7GB>-1,000円
 <ステップ3:~5GB>-1,000円
 <ステップ2:~3GB>-500円
<ステップ1:~1GB>
ウルトラシェアパック100−3,500円
ウルトラシェアパック50−2,900円
ウルトラシェアパック30−2,500円
ベーシックシェアパック<ステップ4:〜30GB>−1,800円
<ステップ3:~15GB>−1,800円
<ステップ2:~10GB>−1,200円
<ステップ1:~5GB>−800円
ウルトラデータLLパック−1,600円
ウルトラデータLパック−1,400円
   ベーシックパック <ステップ4:〜20GB>−800円
 <ステップ3:~5GB>−800円
 <ステップ2:~3GB>−200円
<ステップ1:~1GB>−100円

 

またドコモ光には「ずっとドコモ割プラス」という契約年数に比例して、割引額が大きくなる割引サービスがあります。こちらはドコモ光セット割と併用することができます。

割引額は下の表を参考にしてください。

パケットパック4年以上8年以上10年以上15年以上
ウルトラシェアパック100−1,000円1,200円−1,800円−2,500円
ウルトラシェアパック50−800円−1,000円−1,200円−1,800円
ウルトラシェアパック30−600円−800円−1,000円−1,200円
ベーシックシェアパック<ステップ4:〜30GB>−600円−800円−1,000円−1,200円
<ステップ3:~15GB>−600円−800円−1,000円−1,200円
<ステップ2:~10GB>−400円−600円−800円−1,000円
<ステップ1:~5GB>−100円−200円−600円−900円
ウルトラデータLLパック−200円−400円−600円−800円
ウルトラデータLパック−100円−200円−600円−800円
   ベーシックパック <ステップ4:〜20GB>−100円−200円−600円−800円
 <ステップ3:~5GB>−100円−200円−600円−800円
 <ステップ2:~3GB>−600円
<ステップ1:~1GB>−200円

ドコモのスマホを最低でも4年以上使わないと適用されない割引ですが、適用されるとスマホとインターネット回線を同時に割引可能になります。ドコモユーザーならぜひ適用させたいサービスです。

ソフトバンクの「おうち割 光セット」詳細

「おうち割 光セット」はソフトバンク・ワイモバイルのスマホと光回線のセット割引です。 対象料金サービスごとに1000円または500円の割引が受けられます

割引料金額は下記の表を参照してください。

対象料金サービス毎月の割引額(永年)
通話基本プラン データ定額 50GBプラス/ミニモンスター−1,000円
スマ放題/スマ放題ライトウルトラギガモンスター
データ定額 50GB
−1,000円
ギガモンスター
データ定額 20GB
データ定額 5GB
スマ放題データ定額ミニ1GB/2GB−500円
データ定額(3Gケータイ)
上記以外の料金プランパケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
パケットし放題フラット for スマートフォン
パケットし放題MAX for スマートフォン
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
−1,000円
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
−500円

最低でも500円割引されること、そしてソフトバンクの契約年数に応じた割引額ではないのが大きなメリット。ソフトバンクやワイモバイルに乗り換えたばかりの人でも適用されるので、セット割引に関してはソフトバンクの方が良心的だと感じます。

比較4:契約期間内の解約による違約金

ドコモ光とソフトバンク光の違約金はそれぞれ以下のとおりです。

ドコモ光:戸建ドコモ光:マンションソフトバンク光
2年契約(24ヶ月)2年契約(24ヶ月)
13,000円8,000円9,500円

ドコモ光では戸建:13,000円、マンション:8,000円、ソフトバンク光では一律9,500円の違約金が発生します。どちらも2年契約タイプで契約期間以内に解約した場合の料金です。

また、ドコモ光のプロバイダの中には別途違約金が発生するプロバイダがあります。解約を検討する場合は、事前に確認を取っておいてください。ソフトバンク光でもYahoo!BBプレミアムプランに加入している方は、違約金3,000円が発生してしまうので注意しましょう。

編集部:加藤
戸建ての場合はソフトバンク光の方が安く、マンションタイプはドコモ光が安いですね。ただし、契約期間も同じなのであまり大きな差はないと感じます。

比較5:選べるプロバイダ

ドコモ光で選べるプロバイダは以下の26種類です。

タイプAドコモnet・plala・GMOとくとくBB・So-net・DTI・@nifty・ic-net・Tigeres-net.com・andline・BIGLOBE・エディオンネット・SIS・SYNAPSE・excite.・hi-ho・Rakutenブロードバンド・TiKiTiKi・@ネスク・01光コアラ
タイプBOCN・@TCOM・TNC・WAKWAK・AsahiNet・@ちゃんぷるネット

一方、ソフトバンク光で利用できるプロバイダはYahoo!BBのみとなっています。そのため、万が一ソフトバンク光の速度が遅かった場合に、プロバイダ変更して速度改善が見込めないのがデメリット。

筆者の場合、ドコモ光をSo-netからGMOとくとくBBに変更したことで劇的に通信速度が改善しました。詳しくは別記事で紹介しているので、参考にしてみてください。

比較6:入会キャンペーンの有無

ドコモ光とソフトバンク光では、公式で入会・乗り換えキャンペーンを行なっています。販売代理店を使えば高額キャッシュバックなども貰えますが、代理店によって金額が異なることが多いので、比較するのが大変。

そこでこの章では、ソフトバンクとドコモの公式キャンペーンを比較対象として抜擢しています。

ドコモ光のキャンペーン

現在ドコモ光の公式では以下2つのキャンぺーンが行われています。

  • ドコモ光新規申し込みでdポイント20,000ptプレゼント(2019年5月7日〜)
  • 新規申し込みで工事料最大18,000円が無料(期間限定なので終了予定あり)

また、各プロバイダごとの窓口ではキャッシュバックなどのお得なキャンペーンも行われています。

ソフトバンク光のキャンペーン

ソフトバンク光の公式では以下のキャンペーンが行われています。

  • 引っ越し先で新しくソフトバンク光を使う方は最大1,000円×24ヶ月割引または、最大24,000円のキャッシュバック(2019年5月31日まで)
  • 他社からソフトバンク光への乗り換えで最大1,000円×24ヶ月割引または、最大24,000円のキャッシュバック
  • 他社からの乗り換えで違約金・撤去工事費を満額還元
  • ADSLからソフトバンク光への乗り換えで回線工事費無料

ソフトバンク光はキャッシュバックや乗り換え時の違約金負担など、キャンペーンが充実しています。ドコモ光と違って基本料金の割引も適用されるため、実質月額料金はソフトバンク光の方が確実に安くなります

編集部:加藤
単純なキャンペーンの豊富さ、料金割引特典を見比べると、これに関してはソフトバンク光の方がお得ですね。

比較結果!ドコモ光とソフトバンク光はどっちがおすすめかのまとめ

ここまで、ドコモ光とソフトバンク光を6つの項目で比較してきました。

どちらも似たようなサービスやセット割引がありますが、単純な月額料金でみた場合ソフトバンク光の方が安いです。ただし、速度が遅かった場合にプロバイダ変更できないので小回りが効かないため、その点に関してはドコモ光の方が優れていると言えます。

お互いメリット・デメリットがあるので、どっちを選べばいいのかまだ悩んでいるかもしれません。そこで当メディアが思う、こんな人はドコモ光、あんな人はソフトバンク光にすべきの基準を定めました。ご参考になれば幸いです。

ドコモ光からソフトバンク光へ乗り換えるべき人

ドコモ光からソフトバンク光へ乗り換えるべき人は以下の方です。

  • インターネットの月額料金を少しでも安く抑えたい
  • ソフトバンクまたはワイモバイルのスマホを利用している

ソフトバンク光の月額料金に注目すると、ドコモ光より高くなることはありません。マンションタイプに関しては月額料金を200円抑えることができます。少しでも通信費を抑えたいという方にソフトバンク光はおすすめです。

また、ソフトバンクまたはワイモバイルのスマホを利用している方なら、ソフトバンク光とセットで「おうち割 光セット」でスマホ料金を安くすることもできます。

ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えるべき人

ソフトバンク光からドコモ光に乗り換えるべき人は以下の方です。

  • プロバイダを乗り変えたい
  • ドコモのスマホを利用している

ソフトバンク光で利用できるプロバイダはYahoo!BBのみでしたが、ドコモ光では25種類のプロバイダから選ぶことができます。月額料金は200〜400円上がってしまうかもしれませんが、プロバイダの変更によって通信速度が改善される可能性もあるでしょう。

また、ドコモのスマホを利用している方なら「ドコモ光セット割」や「ずっとドコモ割」を適応して、毎月の携帯料金を抑えることができます。

乗り換え時の注意点

ドコモ光もソフトバンク光もNTTのフレッツ光の回線を利用したサービスです。

このため双方間の乗り換えでは、新規工事を必要としません。また新規工事が必要な場合でも、ドコモ光とソフトバンク光では新規工事費無料キャンペーンを行っているので、利用しましょう。

ドコモ光ではタイプA:19種類、タイプB:6種類の計25種類からプロバイダを選びます。一方 、ソフトバンク光で利用できるプロバイダはYahoo!BBのみです。Yahoo!BBはドコモ光で対応していないので、ドコモ光とソフトバンク光間での乗り換えではプロバイダも変更する必要があります。

プロバイダ変更時に違約金がかかる場合もあるので、事前に確認しておいてください。

最新情報をチェックしよう!