ドコモ光プロバイダ「TikTiki」の評判が悪いと言われる3つの理由

ドコモ光のプロバイダとして、「TikiTiki(ティキティキ)」の契約をお考えではないでしょうか。あまりネット上でも使っている人がおらず、口コミを探しても見つからないため、契約しようか迷っている人も多いかと思います。

そこで本記事では、ドコモ光「TikiTiki」のメリット・デメリットを徹底解説。結論から言うとあまりオススメできるプロバイダではありませんが、その理由を記事を見て納得して頂けたら幸いです。

ドコモ光プロバイダ「TikiTiki」とは?

TikiTikiは岡山県の「株式会社エヌディエス」が運営するプロバイダです。

ドコモ光と提携している25社の中でも、あまり聞き慣れないプロバイダであると思います。ただ、TikiTikiの知名度は高くはありませんが、20年以上の実績を誇る老舗プロバイダです。

TikiTikiがサービスを開始したのは、1997年7月のこと。インターネット接続サービスのキャリアとしては、知名度の高いOCNやSo-netと同等です。現在では、北海道・東京・岡山・佐賀を拠点に、「Tiki光コラボ」を全国的に展開しています。地元・岡山や西日本エリアでは、CMでおなじみのプロバイダです。

ちなみに、プロバイダ名にある「ティキ」とは、ハワイの神様のことです。会社の代表者の方が「インターネットの先見性」を人類創造の神である「ティキ」に例えたのが、サービス名の由来だといわれています。

そんなTikiTikiですが、プロバイダとしての評判はどうなのか。口コミを参考に、TikiTikiの評判やメリットがあるのかなどを詳しくみていきます。

TikiTikiの評判が悪いと言われる3つの理由

ドコモ光と提携しているプロバイダの中でも、知名度の低いTikiTiki。Twitterなどで口コミを調査してみましたが、知名度の低さゆえ評判が少ないのが現状です。少ない評判の中でもとくに目立っていたのが、以下の3点です。

  1. 評判が少なすぎて信用度が低い
  2. 2Mbps程度しか出ず通信速度が遅い
  3. 回線が急に落ちてしまい、インターネットが利用できない

やはりプロバイダのスペックに満足しているというコメントはなく、速度や利用環境に対する不満が多いのが特徴でしょう。ここからは評判が悪いと言われる3つの理由について詳しくみていきます。

理由1:評判が少なすぎて信用度が低い

TikiTikiは20年以上の実績を誇る老舗プロバイダですが、知名度が低いという特徴があります。このため、プロバイダの評判が不足してしまっています。

インターネットユーザーが各プロバイダを検討するときに、気になるのはスペックやサービス内容、そして評判です。実際にプロバイダを利用しているユーザーの声は判断材料となります。

しかし、ドコモ光でTikiTikiを利用している人は極端に少なく、プロバイダの評判を確かめることができません。サービスの継続実績も参考にはなりますが、やはり実際にユーザーの生の声を聞きたいところです。

理由2:通信速度が遅い

TikiTikiの数少ない評判の中でも、とくに目立っていたのが「通信速度が遅い」という意見でした。

実際にTwitterには、2Mbps程度しか速度が出ていないというツイートも残されています。しかし、これらの評判は光コラボレーションが始まったばかりの頃のものです。光コラボレーション開始から4年が経過した2019年現在では、速度が改善している可能性もあります。

ただ直近の口コミが得られませんでしたので、速度改善を確かめるすべはありません。

理由3:回線が急に落ちてしまい、インターネットが利用できなくなる

TikiTikiの口コミでは、「回線が落ちてインターネットが利用できなくなる」というものも多数存在しています。

通信速度が遅いだけであれば、多少のストレスがあっても我慢することはできます。しかし、回線が落ちてしまうのはかなり深刻な状態といえるでしょう。

回線が急に落ちてしまう理由としては、プロバイダが不安定な状態であったこと、インターネット利用者が多い時間帯でアクセスが集中したことによりサーバーがダウンしてしまったなどが考えられます。

編集部:加藤
どちらにせよ、安心してインターネットを利用できる環境とは言えないでしょう。

逆にTikiTikiのメリットはあるのか

評判を見る限りでは、TikiTikiを契約するメリットはほぼないに等しいです。ですが、仕様を見ればTikiTikiにもしっかりメリットが隠されています。大きなメリットは次の3点です。

  1. ドコモ光の「タイプA」に分類される
  2. フレッツ光からの転用が可能
  3. 通話による設定サポート料金が無料

ドコモ光タイプAで月額料金が安い

ドコモ光は回線とプロバイダがセットになったサービスです。このため回線とプロバイダは別々に契約する必要がなく、セット割が適用されているような状態でお得にインターネットを利用することができます。

ドコモ光でTikiTikiをプロバイダに選択した場合の月額料金は、戸建:5,200円、マンション:4,000円です。TikiTikiはタイプA対応のプロバイダなので、ドコモ光の月額料金を最も安く抑えることができます。

フレッツ光「TikiTiki」からの転用ができる

フレッツ光「TikiTiki」のユーザーの方は、ドコモ光「TikiTiki」への転用が可能です。

回線やサービス内容は変わらずに、値段の安い光コラボへの乗り換えは家計の負担を下げられます。転用時にはルーターの設定も必要ないので、スムーズに乗り換えが終了するでしょう。

プロバイダの変更手数料がかからないのもうれしいですね。

電話での設定サポートが無料

TikiTikiの設定サポートは電話のみの対応ですが、無料で利用できるのがポイントです。

ルーターの設定などを自分で対処できない場合には便利なサービスでしょう。有料オプションの「MyPCセキュリティ」の利用者のみセキュリティソフトの設定も無料で行ってもらえます。

TikiTikiでは、MyPCセキュリティ・ウイルスバスター・Nortonの3つのセキュリティソフトを扱っています。この中で設定サポートに対応しているのは、MyPCセキュリティだけなので気をつけてください。

10社とTikiTikiを比較!おすすめできない理由がデメリットから一目瞭然

TikiTikiが属する、ドコモ光タイプA対応のプロバイダは全部で19種類あります。

ここでは、その中でもサービス内容が充実している10社とTikiTikiを比較してみました。まずは以下の表を参照してみてください。

タイプA
プロバイダ名キャンペーン内容IPv4 over IPv6
(v6プラス)
ルーター
無料レンタル
v6プラス
指定ルーター
必要性
ドコモnet・dポイント10,000pt進呈有料
ぷらら・15,000円キャッシュバック
・dポイント最大20,000pt進呈
・訪問サポート1回無料
GMOとくとくBB・15,000円のキャッシュバック
・dポイント最大20,000pt進呈
・一部セキュリティオプションが期間限定無料
・訪問サポート1回無料
×
@nifty・15,000円のキャッシュバック
・dポイント最大20,000pt進呈
・一部セキュリティオプションが期間限定無料
・リモートサポート1回無料
×
DTI・15,000円のキャッシュバック
・dポイント最大20,000pt進呈
×
BIGLOBE・dポイント最大20,000pt進呈
・セキュリティオプション12ヶ月間無料
×
So-net・15,000円キャッシュバック
・dポイント最大20,000pt進呈
・カスペルスキー12ヶ月間無料
×
andline・一部ウイルス対策オプションが永年無料×
Tigers-net・カスペルスキーが永年無料
・出張セットアップ1回無料
×
SYNAPSE・dポイント最大10,000pt進呈
・初回訪問サポート無料
・一部セキュリティオプションが期間限定無料
×
TikiTiki・dポイント最大10,000pt進呈×

この表では、それぞれのプロバイダがv6プラスに対応しているのかや、キャンペーン内容を知ることができます。10社とTikiTikiを比較した結果、ドコモ光でTikiTikiをおすすめできない4つの理由が明らかになりました。

理由1:v6プラスに対応していない

TikiTikiをおすすめしない理由に「回線速度が遅い」というものがありましたが、v6プラスに対応していないのが原因でしょう。

TikiTikiのインターネット接続方式はIPv6 PPPoEです。PPPoE接続ではIPv4またはIPv6対応のどちらのサイトを閲覧する場合でも、最大速度が200Mbpsに制限されてしまいます。

一方、v6プラスの場合は、回線の混雑している部分を避けて通信を行うので、従来の接続方式に比べて通信速度が改善するのが特徴です。ドコモ光のプロバイダを選ぶ際には、v6プラス対応のものがおすすめです。

理由2:Wi-Fiルーターの無料レンタルがない

TikiTikiではWi-Fiルーターの無料レンタルを行っていません

そもそも有料でのWi-Fiルーターレンタルも行っていないので、自宅にWi-Fi環境を整えるには自分でルーターを用意する必要があるのです。

Wi-Fiルーターは2,000円〜1万円代と幅広い値段のものが家電量販店で販売されています。安価なものを購入してしまうのも手ですが、できるだけ出費は避けたいでしょう。

ドコモ光のプロバイダの中には、高性能Wi-Fiルーターを無料でレンタルしているところがあります。TikiTikiで契約してしまう前に、Wi-Fiルーター無料レンタルキャンペーンをチェックしておきましょう。

理由3:キャッシュバック特典がない

TikiTikiではキャシュバックなどのお得なキャンペーンが行われていません。他社プロバイダの中には、15,000円の高額キャッシュバックを行っているところもあります。

インターネット環境を自宅に整えるのは、ただでさえ出費がかかります。通信費を少しでも抑えるには、キャッシュバックキャンペーンをお得に利用したいものです。

ドコモ光を始めるなら、高額キャッシュバックを行っているGMOとくとくBBやSo-netなどのプロバイダがおすすめです。

理由4:セキュリティソフトが有料

TikiTikiでは、MyPCセキュリティ・ウイルスバスター・Nortonの3つのセキュリティソフトを扱っています。しかし残念ながら、他社プロバイダのようなセキュリティソフト無料キャンペーンは行われていません。

ドコモ光のプロバイダにはセキュリティソフトが24ヶ月無料になる会社もあります。中には36ヶ月も無料のお得なプロバイダも。インターネットの利用では、PCやタブレット、スマホをウイルスから守ることも大切です。セキュリティソフトの無料期間をしっかり利用しましょう。

まとめ

ここまでの記事内容のまとめになります。

  • TikiTikiは利用者が少なく評判・口コミが極端に少ない
  • v6プラスに対応していないので通信速度は遅い
  • ドコモ光の「タイプA」なので、少し月額料金が安くなる

結論を言うと、ドコモ光にTikiTikiの利用はオススメできません。ドコモ光にはもっと良いプロバイダがあるので、そちらを契約することをオススメします。

最新情報をチェックしよう!