IPv6とv6プラスの決定的な違いとは?後者対応プロバイダをオススメする理由

インターネット回線の接続方法は、大きく分けてIPv4、IPv6、v6プラスの3つが存在します。最近の主流は後者2つとなっており、色々なプロバイダでこの接続方式に対応するようになりました。しかし、イマイチこれらの違いがわからないユーザーも多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、IPv6とv6プラスの違いを徹底解説。その上で、なぜv6プラスの方が多くのユーザーに選ばれているのかの理由も、合わせて紹介していきます。

IPv6とv6プラスの決定的な違い

IPv6とv6プラスの決定的な違いは、IPv4で接続できるのか、できないのかにあります

従来のIPv4接続を利用したインターネット回線では、インターネットサービスの窓口の役割をするISP(インターネットサービスプロバイダ)を経由する必要がありました。

新しく登場した接続方法であるIPv6には、PPPoE接続とIPoE接続の2種類があります。IPv6のPPPoE接続ではISPを経由しますが、IPoE接続ではISPを経由しないので速度がより早くなります。ところが、IPv6にはIPv6対応のサイトしか閲覧できないという欠点があります。

これを解消するために登場したのがv6プラスです。v6プラスはIPv6 IPoE接続とIPv4を複合した接続方法なので、従来のIPv4のみ対応サイトが閲覧でき、ISPを経由しないので速度アップも見込めます。

それぞれの接続方法が少し難しいので、以下の表にまとめておきます。

IPv6 PPPoE接続 IPv6 IPoE接続 v6プラス
ISP 経由する 経由しない 経由しない
特徴
  • IPv6のみ接続可能
  • IPv4対応サイトは閲覧できない
  • PPPoE接続より速い
  • IPv6のみ接続可能
  • IPv4対応サイトは閲覧できない
  • IPoE接続より速い
  • IPv6とIPv4に同時に接続できる

IPv6とv6プラス登場前はIPv4が主流だった

IPv6とv6プラスが登場する前はIPv4のみが使われていました。

もちろん現在でもIPv4は多数のサイトやアプリで使われています。IPv6環境を整えても、IPv4のみ対応のサイトやアプリは利用できなくなってしまいます。

IPv6とIPv4に同時接続ができるv6プラスを利用することで、この問題を解消できました。

なぜ今IPv4ではなくv6プラスがオススメなのか

そもそもIPv4とは?

IPv4は1990年代後半のインターネット普及から今までにおいて、使い続けられてきたIPアドレスです。

パソコンをインターネットに接続するためには、パソコンを識別するIPアドレスが割当られます。IPアドレスは住所のようなもので、世界中にひとつとして同じアドレスは存在していません。

パソコンでインターネットの接続設定を行うときに、「192.168.0.1」のような数字を見たことはないでしょうか。これがあなたに割当られたIPアドレスです。IPアドレスはパソコンだけでなく、スマホやタブレットにもそれぞれ割当てられています。

IPv4はIPアドレスが残り少ない

インターネットに接続する端末にそれぞれ割当てられているIPアドレスですが、IPv4のものはアドレスがほとんど残っていない状態です。

IPv4のIPアドレスは32bitで構成されていて、2の32乗個のアドレスが存在しています。もっと分かりやすい数字で表すと、「約43億個」ですね。

全世界で利用できるIPアドレスの数が43億個ということは、全人類は約70億人なので、1人にひとつずつ割当てることができません。

IPv4のIPアドレスが枯渇するとどうなってしまうのでしょうか……?答えはもちろん「インターネットに接続することができなくなる」です。この問題を解消するために、新しくIPv6が導入されることになりました。

IPv6のIPアドレスはほぼ無限状態

今後主流になっていくIPv6は、IPアドレスを無限に管理できると言われています。

IPv6のIPアドレスは128bitで構成されています。IPアドレスの総数は、2の128乗なので約340澗(かん)個となり、理論的にはIPアドレスが枯渇してしまう心配はありません。

現在はパソコンやタブレット、スマホのような端末以外にもさまざまなIoTが普及しています。車や家電などがIPアドレスを利用するようになっても、十分な数のアドレスが準備さていると言えるでしょう。

IPv6のデメリットをカバーしたのがv6プラス

現在の主流はv6プラスとなっていますが、なぜIPv6だけではダメだったのか。その答えをIPv6のデメリットを踏まえつつ解説していきます。

IPv6のデメリット

IPv6が抱えているデメリットは、大きく分けて次の3つです。

  1. IPv4との互換性がない
  2. IPアドレスの追跡危険
  3. 固定IPサービスが使えない

IPv4と互換性がない

IPv6はIPv4との互換性がありません。

IPv4はISPを経由することでインターネットに接続しますが、IPv6はISPを経由せずに直接インターネットに接続します。ISPを経由するか、しないかによって通信環境に差が出るので、IPv6でIPv4のサイトを閲覧することはできないし、IPv4でIPv6サイトも閲覧できません。

IPv6は普及しつつありますが、既存のWEBサイトのほとんどがIPv4対応で構成されています。いくら速度が上がってもWEBサイトを表示できないのであれば、元も子もないですね。

IPアドレスを追跡される可能性がある

IPv6ではISPを経由せずに、そのままインターネットに接続することで速度を上げています。しかしISPを経由しないことによって、インターネット接続に使用した端末のIPアドレスを追跡することが可能となってしまいました。

理論上では特定のIPアドレスがどのサイトにアクセスしているかを把握することができるのです。

実際にはプライバシー保護のために、ランダムで生成したアドレスの利用によってユーザーの特定や追跡を防ぐ仕組みが用意されているので、ほとんど心配する必要はないでしょう。

固定IPサービスが使えない

IPv6では固定IPサービスを使えません。

私たちにとって身近なものだと、自宅のパソコンを外出先から操作するリモートデスクトップや、自宅で留守番しているペットの様子をうかがえるWEBカメラなどで、固定IPを使用しています。ところが、IPv6は一定期間ごとに異なるIPアドレスが割当てられる動的IPなのです。

IPv6は速い反面、今まで利用してきたサービスが使えなくなるという点に注意しなければなりません。

そもそもv6プラスとは?

IPv6の登場で光回線の速度は改善されましたが、IPv4との互換性がないという欠点が問題となります。これを解決するために誕生したのが「v6プラス」です。

v6プラスは「IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6」という新しい通信規格です。IPv6 IPoEはISPを経由せずに直接インターネットに接続する方式でしたね。それに加えて「IPv4 over IPv6」はIPv4対応サイトでもIPv6 IPoEで接続できるようにする技術です。

これによって、IPv4とIPv6のどちらとも、混雑する通信経路を避けて高速通信ができるようになります。

v6プラスは高速インターネット通信ができ、IPv4とIPv6のどちらにもアクセスできるハイブリットな通信規格と考えてもらえればよいでしょう。

v6プラス導入で回線速度が大幅に改善される可能性大

v6プラスを導入することで、回線速度の改善に期待することができます。

従来の接続方法であるIPv4は利用者が多く、IPアドレスがパンク寸前です。このため、インターネットの接続が多くなるゴールデンタイムや土日には、IPv4の通信経路は渋滞しているような状態になってしまいます。

しかし、V6プラスのIPv4 over IPv6なら、IPv4で混雑する通信経路を避けてWEBサイトにアクセスできるようになりました。v6プラスを導入してから、遅かったインターネットの速度が改善されたという声も多数あがっています。

v6プラス唯一の弱点は「オンラインゲーム」

Play Station 4の一部のオンラインゲームではv6プラスに対応していません。とはいえ、有名なタイトルのほとんどはv6プラスを利用したゲームプレイが可能です。しかし、下記などでは、v6プラスでオンラインゲームができないという口コミが確認されています。

  • モンスターハンターワールド
  • 地球防衛軍5
  • ストリートファイター5

ルーターの「UPnP機能」をOFFにすることでプレイが可能になるタイトルもあります。v6プラスでオンラインゲームをプレイできない場合は、まずルーターを確認してみましょう。

v6プラスなら「ドコモ光」×「GMOとくとくBB」がオススメ

ドコモ光でv6プラスを利用するなら、GMOとくとくBBをプロバイダに選ぶのがおすすめです。

GMOとくとくBBはv6プラスに強いプロバイダとして定評があり、2017年にはv6プラスの提供元である日本ネットワークイネイブラー株式会社から「v6プラス最優秀パートナー賞」を送られています。GMOとくとくBBの公式サイトでは、通信速度の実測値を公表しており、高速通信に対する信頼性は高いといえるでしょう。

また、GMOとくとくBBならv6プラス対応ルーターを無料でレンタルできる特典があります。ドコモ光に乗り換えるなら、GMOとくとくBBでお得に高速通信を始めましょう。

最新情報をチェックしよう!