ドコモ光とフレッツ光の違いとは?料金面・速度等を徹底比較

フレッツ光とドコモ光は、同じNTTが提供しているインターネット回線のため、違いがわかりにくいと感じるユーザーも多いでしょう。それぞれを比較していった際に、大きな違いは確かに見受けられません。ですが、月額料金なども面ではドコモ光の方が安くなるユーザーが多いはずです。

そこで本記事では、ドコモ光とフレッツ光の違いを徹底解説。また、月額料金面や速度を比較し、フレッツ光からドコモ光へ乗り換えるメリットはあるのかも合わせて紹介しています。ご参考になれば幸いです。

ドコモ光とフレッツ光の決定的な違いとは?

ドコモ光とフレッツ光の名前は違いますが、同じ回線を利用してインターネットサービスを提供しています。両者の決定的な違いをあげるとしたら、以下の3点です。

  • 提供元(契約相手)が異なる
  • 月額料金体系の違い
  • キャンペーンの有無

それぞれの違いについて、順番にご説明していきます。

提供元(契約相手)

ドコモ光の提供元はNTTドコモで、フレッツ光の提供元はNTT東日本・西日本です。

もう少し詳しく説明すると、フレッツ光はNITTが所有している光回線を直接販売しています。一方で、ドコモ光はNTTドコモが展開する光コラボレーション事業であり、NTTから光回線を卸売りしてもらい、インターネット回線を提供するサービスです。

ドコモ光はNTTドコモの携帯電話やタブレットを契約していなくても、ドコモショップ店頭で申し込みができます。またNTTドコモの契約者なら、電話やWEBサイトからの申し込みも可能です。

両者のサービス名は違いますが、フレッツ光とドコモ光は同じ回線を利用しています。機能や速度面の違いはないと考えていただいて大丈夫です。

月額料金を比較するとドコモ光の方が安い

ドコモ光とフレッツ光の月額料金を比較すると、ドコモ光の方が安くなります

ドコモ光は回線とプロバイダがセットになったパッケージです。フレッツ光では回線とプロバイダを別々に契約する必要があります。ここに両者の月額料金の差が出ているのです。ドコモ光とフレッツ光の月額料金を戸建・マンションタイプに分けて比較します。

戸建

ドコモ光とフレッツ光の料金は以下のとおりです。

月額料金
ドコモ光 5,200円
フレッツ光 6,700円

※ドコモ光:タイプA 、プロバイダをSo-net、フレッツ光:東日本、プロバイダをSo-net

プロバイダにSo-netを選択した場合で比較すると、ドコモ光のほうが1,000円以上お得になります。これはフレッツ光では、通常料金5,700円にプロバイダの利用料金1,000円が加算されるためです。

同じプロバイダを選択しても、ドコモ光は回線とプロバイダがセットになっているので、月額料金が固定となり安くなっています。

マンションタイプ

ドコモ光とフレッツ光の料金は以下のとおりです。

月額料金
ドコモ光 4,000円
フレッツ光 4,650円

※ドコモ光:タイプA 、プロバイダをSo-net、フレッツ光:東日本・プラン1、プロバイダをSo-net

マンションタイプの場合でも、ドコモ光の方が光回線をお得に利用できます。

フレッツ光では通常料金の3,750円に、プロバイダ利用料の900円を加算しなければなりません。ドコモ光では回線とプロバイダがセットで4,000円なので、650円安く利用できるのです。

キャンペーン

ドコモ光では新規申し込みでdポイントを10,000ポイント、転用で5,000ポイントのプレゼントキャンペーンが行われています

dポイントはコンビニや飲食店など、さまざまなお店で使えるだけでなく、ドコモで契約している携帯電話の料金支払にもポイントを利用できます。ポイントの進呈は利用開始月の翌々月と、少し時間差があるので注意が必要です。

一方、現在フレッツ光ではキャンペーンが行われていません

以前のフレッツ光といえば、高額キャッシュバックやゲーム機のプレゼントキャンペーンが有名でした。しかし、2015年に光コラボレーションを導入してからは、新規顧客獲得のためのキャンペーンを行わなくなったようです。

プロバイダの契約方法が全く異なる

ドコモ光は回線とプロバイダがセットになっています

これによって、請求をひとつにまとめられ、問い合わせ先がバラバラになることもなくなりました。ドコモ光で選べるプロバイダはタイプAが18種類、タイプBが7種類の計25種類です。タイプAとタイプBには月額料金に200円の差があるので、とくにこだわりがないのなら、タイプAを選ぶのがいいでしょう。

また、ドコモ光には回線のみの単独タイプというプランが存在しています。こちらは別途プロバイダと契約する必要があるので、選ぶメリットはほとんどありません。

一方フレッツ光では、回線とは別にプロバイダを契約する必要があります。

各プロバイダごとに月額料金が異なっており、500円〜1,200円程度です。回線とプロバイダのそれぞれと契約を結ぶので、請求書や問い合わせ先も別々に管理する必要があるのが大きなデメリットと言えるでしょう。

ドコモ光とフレッツ光の最大速度は同じである

ドコモ光の回線には、フレッツ光の回線と同じものが使われています。最大速度1ギガの高速通信ですが、「ドコモ光にしたら速度が遅くなった」という意見もあります。

しかし、ドコモ光が卸売りの回線だから遅くなるというわけではありません。

回線速度が落ちる主な原因は、プロバイダの接続方法とWi-Fiルーターの問題がほとんどです。プロバイダによっては、回線が混雑する土日や夜に通信速度が落ちる傾向があります。また、高速通信に対応していないWi-Fiルーターを使っている場合にも、通信速度が落ちてしまうことがあるでしょう。

プロバイダを見直す場合には、v6プラス対応のプロバイダに変更してみてください。ドコモ光と提携している中では、ドコモnet・plala・GMOとくとくBB・So-net・@nifty・ic-net・Tigers-net.com・andlineが対応しています。

GMOとくとくBBはv6プラス対応で、高速通信に対応したWi-Fiルーターを無料レンタルできるので特におすすめです。

フレッツ光からドコモ光へ乗り換える(転用)メリット

今現在フレッツ光を使っているが、思ったよりも速度が出ない、月額料金をもっと節約したいなどの考えでドコモ光を検討している方もいるかもしれません。そこで実際に、元々フレッツ光を使っていて、auひかりやドコモ光に乗り換えた私が感じた、転用するメリットについて紹介していきます。

ドコモのスマホユーザーは「ドコモ光セット割」が利用できる

ドコモユーザーの方は「ドコモ光セット割」で通信費がお得になります。

「ドコモ光セット割」はドコモ光とドコモのスマホやガラケーをセットで使うと適応される割引サービスです。パケットパックのプランに応じて割引額が変わり、100〜最大3,500円の割引が受けられます。「ずっとドコモ割プラス」との併用も可能なので、ドコモの通信回線の利用歴が長いほど、通信費を抑えられるでしょう。

筆者もドコモ光セット割を適用しています!

元々ドコモのスマホを使っていたので、少しでもお得になればと思いドコモ光に変更した経緯があります。ドコモのステージランクや契約しているプランによって割引額が大きく変わりますが、筆者は最低限のプランとなっているので100円割引です。

長年のドコモユーザーならもっとお得になるので、ドコモのスマホと相性の良さは間違いなく抜群と言えます。

フレッツ光の解約金・工事費用が不要

フレッツ光からドコモ光への転用では、回線の解約金や工事費用がかかりません。

他社回線を使った光回線の変更には、「他社乗り換え」となり、解約金がかかります。例えば、フレッツ光からau光(KDDI回線)、フレッツ光から電力会社回線のようなものが他社乗り換えです。

フレッツ光からドコモ光への転用の場合、回線自体は同じものを使うので、設備や端末もそもまま利用できます。

料金の支払いやサポートを一つにまとめられる

ドコモ光は回線とプロバイダがセットになったサービスなので、料金の支払いやサポート先をひとつにまとめることができます。

もちろん携帯電話の利用料金もまとめられるので、家計の管理を行いやすくなるでしょう。フレッツ光では回線でのトラブルはNTT東日本・西日本へ、プロバイダのトラブルは各プロバイダへと、それぞれの役割で問い合わせ先が別れていました。

筆者はドコモのスマホとドコモ光をまとめて請求にしています。

また、ドコモ光では全ての問い合わせを、一括してサポートセンターが受けてくれます。インターネット利用のさいに、トラブルが起きても迷うことなくサポートに連絡ができます。

フレッツ光からドコモ光へ乗り換える(転用)デメリット

メリットとは逆に、次はしっかりと転用のデメリットも把握しておく必要があります。大きなデメリットはそこまでありませんが、把握しておくことで乗り換えの失敗を防ぐことが可能です。

転用しても月額料金がほとんど変わらない可能性もある

フレッツ光からドコモ光へ転用しても、契約内容によっては、ほとんど利用料金が変わらない場合があります。

ドコモの携帯電話やタブレットを契約していても、シェアパックの容量によって割引額が少なくなってしまうかもしれません。また、タイプAとタイプBで月額料金が変わるので、契約プロバイダによっては料金が上がってしまうこともあります。

転用を検討する前に、ご自身のフレッツ光の契約内容を確認してください。

プロバイダ変更時に違約金が発生する可能性がある

フレッツ光からドコモ光に転用するさいに、プロバイダを変更すると、違約金が発生する場合があります。

今まで利用していたプロバイダをそのまま選ぶ場合には、違約金は発生しないので安心してください。プロバイダの変更を検討しているのなら、転用する前に現在契約しているプロバイダに、違約金発生の有無について確認しておきましょう。

ドコモ光を契約する手順

ここまで紹介してきたドコモ光とフレッツ光の違い、転用のメリット・デメリットを踏まえた上でドコモ光に乗り換えを考えている方は、以下の手順に沿ってドコモ光と契約を行いましょう。

  1. フレッツからの転用は「転用承諾番号」をNTT東日本・西日本から発行してもらう
  2. 契約したいプロバイダを選び、専用フォームから申し込みをする
  3. プロバイダから確認の電話
  4. ドコモ光開通手続きへ

上記4ステップでドコモ光の開通が完了します。乗り換えのポイントとなる2点をもっと詳しく解説していきたいと思います。

転用は「転用承諾番号」を発行してもらう

まず、フレッツ光からドコモ光へ乗り換える場合は、必ず「転用承諾番号」が必要になってきます。この番号はスマホで言う所のMNP予約番号と同様の扱いで、NTT東日本、もしくはNTT西日本の専用窓口から発行してもらえます。転用承諾番号の取得には、以下の情報が必要になります。

  • 契約ID(お客さまID)
  • 契約者名
  • 利用場所住所
  • 支払い方法
NTT東日本:0120-140-202
NTT西日本:0120-553-104

転用承諾番号の有効期限は15日間で、ドコモ光へ申し込みをする際に10日以上の期限が残っていないといけません。なので、有効期限は実質5日間と思って取得するようにしましょう。もし有効期限が切れた場合は、再度自分で電話やウェブ申し込みから番号を取得しなければなりません。

ドコモ光の新規契約は「転用承諾番号」は必要ありません。

オススメのプロバイダは「GMOとくとくBB」

転用承諾番号を入手したら、あとはどのプロバイダを使うかだけになります。現在25種類のプロバイダを選べますが、月額料金が安い「タイプA」のプロバイダを選ぶのがおすすめ。そうなると、候補は全部で18種類まで絞れますが、それでも多いくらいです。

今までドコモネット、So-net、GMOとくとくBBを筆者は使ってきましたが、この中で今も継続して使っているのが「GMOとくとくBB」となります。

キャッシュバックキャンペーンも開催中

通信速度の面で筆者と相性が良かったGMOとくとくBBですが、転用・新規契約の場合はおトクな特典が付いてきます。

  • 新規工事料最大18,000円無料
  • とくとくBB限定!最大15,000円のキャッシュバック
  • ドコモ利用者限定!dポイント最大10,000ptをプレゼント
  • v6プラス対応高性能Wi-Fiルーターが無料レンタル

ルーターは無料レンタルの物を使わずとも、自前で用意したv6プラス対応のルーターでも利用できます。プロバイダによっては専用ルーターではないとv6プラスができないので、そのあたりの柔軟性の良さはGMOとくとくBBのメリットの一つだと感じます。

ちなみにレンタルできるルーターは「BUFFALO WXR-1750DHP2」もしくは「NEX Aterm WG1900HP2」のどちらかから選べます。おすすめは前者のBUFFALO製ルーターです。

まとめ

ここまで、フレッツ光とドコモ光の違いや、転用するメリット・デメリットを徹底紹介してきました。

フレッツ光よりドコモ光の方が料金的に安くなるユーザーが多く、支払いなどもNTTとプロバイダで一つにまとめられるので、請求書の管理なども非常に楽です。さらにもしプロバイダを変えたいとなった場合、3,000円で変更できるのが大きなポイントです。プロバイダの解約で違約金を取られないので、自分の環境にプロバイダが合わなかった場合でも安心。

これを機会にフレッツ光から、ドコモ光への乗り換えも検討してみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!