ドコモ光の月額料金は高い?他回線との比較やセット割を徹底解説

自宅に固定回線を導入しようと思った時、ドコモ光を始め、フレッツ光やソフトバンク光、auひかりなどの回線があり、果たしてどれが一番料金が高くなるのか気にする方も多いかと思います。そんな中で、一部のユーザーからはドコモ光が高いと言われることもあります。しかし、本当にそうとは言い切れません。

そこで本記事では、ドコモ光の月額料金を他社回線と比較しながら徹底解説。決して他社より高いわけではないことを確認してもらえたら幸いです。

ドコモ光:月額料金のまとめ

ドコモ光の申し込みを検討したときに、気になるのは月額料金や他社回線との価格差です。「できるだけお得にインターネット回線を利用したい」と誰しもが考えます。まずはドコモ光の各プランの月額料金からみていきましょう。

戸建の月額料金

ドコモ光の戸建タイプの月額料金は以下のとおりです。

2年契約 契約期間なし
タイプA 5,200円 6,700円
タイプB 5,400円 6,900円
タイプC 5,200円 6,700円
単独タイプ 5,000円 6,500円

ドコモ光は回線とプロバイダがセットになったサービスです。

タイプA・タイプB・タイプCはプロバイダ込みの月額料金価格で、単純にみるとタイプAが最も月額料金を安く抑できるプランになっています。また、2年契約と契約期間なしが選べますが、戸建タイプでは各プランに1,500円の月額料金の差があるので、2年契約を選択するのがいいでしょう。

タイプAとタイプBの違いは選べるプロバイダの種類です。月額料金に200円の差があるので、プロバイダにこだわりがない場合は、タイプAを選ぶことをおすすめします。

タイプCはケーブルテレビのインターネット回線とプロバイダのセットです。タイプAと同額の月額料金ですが、こちらはドコモ光タイプAがエリア外だったときの代替案と考えてもらうといいでしょう。

単独タイプは光回線のみのプランです。月額料金は安いですが、別途プロバイダを契約する必要があるので、最も費用が高くなってしまいます。ほとんどの人には選んでもメリットがありません。

マンションタイプ

マンションタイプの月額料金は以下のとおりです。

2年契約 契約期間なし
タイプA 4,000円 5,000円
タイプB 4,200円 5,200円
タイプC 4,000円 5,000円
単独タイプ 3,800円 4,800円

マンションタイプも戸建タイプと同様に、2年契約のタイプAが最も安い月額料金でインターネットを利用できるプランとなっています。プロバイダにこだわりがない場合はタイプA、エリア外だった場合の代替案としてタイプCを選ぶのが、ドコモ光をお得に利用する方法といえるでしょう。

高いと言われる部分はどこ?ドコモ光の月額料金以外の費用

工事費 (新規申し込み/派遣工事あり)

ドコモ光の工事費用を以下にまとめておきます。

工事費用
戸建 18,000円+税
マンション 15,000円+税

ドコモ光を新規で申し込む場合、工事が必要になります。工事費用は戸建で18,000円、マンションタイプで15,000円です。光回線の開通工事としては一般的な価格といえるでしょう。

この他にも追加工事費用がかかる場合があります。

  • 土日祝
  • 年末年始(12/29〜1/3)

上記の条件に当てはまる開通工事では追加派遣料として3,000円が発生してしまいます。

仕事の都合上、土日祝にしか工事ができないという人もいるでしょう。その場合、工事の立会いは本人以外の家族や友人でも問題ありません。

家族や友人に相談して、土日祝や年末年始を外して調整するのがベストです。

ドコモ光の工事費用の支払いには、一括払いと分割払いを選べますが、ほとんどの人が分割払いを選択しているようです。分割で支払う場合には、2年契約が終了する時期に合わせて、24回払いを選択するのがおすすめです。

24回払いだと工事費用の1回分の支払い額は810円になるので、さほど大きな負担とはなりません。

テレビオプション

ドコモ光では映像サービスを楽しむこともできます。

「ドコモ光テレビオプション」と「ひかりTV for docomo」の2種類があるのでそれぞれみてきいきましょう。

ドコモ光テレビオプション

ドコモ光テレビオプションは、月額750円で地デジとBSを見れるサービスです。

テレビアンテナが不要なので、悪天候でも安心してテレビを楽しむことができます。しかしテレビ1台を契約するためには、基本工事料3,000円+テレビ接続工事料6,500円+テレビ視聴サービス登録料2,800円の合計12,300円がかかってしまうのがデメリットです。

また、ドコモ光テレビオプションの提供エリアは以下の26都道府県に限られます。

ドコモ光テレビオプション提供エリア
東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、福島県、北海道、大阪府、和歌山県、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、広島県、岡山県、香川県、福岡県、佐賀県の一部地域

申し込み前に提供エリアの確認をしてください。

ひかりTV for docomo

ひかりTV for docomoは、月額2,500円で地デジとBS、さらにCSを視聴できるサービスです。

ドコモ光テレビオプションとは違って初期費用がかからないのが特徴です。また、「新規加入特典」と「2ねん割」を適用することで、最初の2ヶ月が月額料金0円、3〜24ヶ月目までを月額料金1,500円で利用することができます。

ひかりTVの視聴に必要なチューナーは本来月額500円のが必要となります。こちらも「新規加入特典」を適用することで、レンタル料金が最大2ヶ月無料になります。また、「ひかりTVどこでも」というアプリをスマホやタブレットにダウンロードすれば、外出先からもひかりTVを楽しむことが可能です。

ドコモ光のセット割引を適用した時の月額料金を徹底紹介

ドコモ光最大のメリットはセット割引を適用して、通信費を安く抑えられる点です。

セット割引を適用するための最低条件はパケットパックに加入していること。パケットパックの契約内容によっては、割引が適用されない場合もあります。

以下にパケットパックの割引額とタイプAの実質月額料金をまとめたので、まずはご自身の契約プランを確認してみてください。

家族向けパケットパック

パケットパック 割引額 タイプA:戸建 タイプA:マンション
ウルトラシェアパック100 -3,500円/月 1,700円 500円
ウルトラシェアパック50 -2,900円/月 2,300円 1,100円
ウルトラシェアパック30 -2,500円/月 2,700円 1,500円
ベーシックシェアパック~15,30GB -1,800円/月 3,400円 2,200円
ベーシックシェアパック~10GB -1,200円/月 4,000円 2,800円
ベーシックシェアパック~5GB -800円/月 4,400円 3,200円

1人向けパケットパック

パケットパック 割引額 タイプA:戸建 タイプA:マンション
ウルトラデータLLパック -1,600円/月 3,600円 2,400円
ウルトラデータLパック -1,400円/月 3,800円 2,600円
ベーシックパック~5,20GB -800円/月 4,400円 3,200円
ベーシックパック~3GB -200円/月 5,000円 3,800円
ベーシックパック~1GB -100円/月 5,100円 3,900円
ケータイパック -500円/月 4,700円 3,500円

家族向けパケットパックでの最大割引額は3,500円、1人向けパケットパックの最大割引額は1,600円です。ドコモ光2年契約の期間で考えても、家族向けで最大84,000円、1人向けで38,400円の割引を受けることができます。

また、ドコモ光セット割と併用できる「ずっとドコモ割プラス」があります。ずっとドコモ割プラスは4年以上のドコモユーザー対象で、契約年数が長いほど割引額が大きくなります。

ドコモ光セット割、ずっとドコモ割プラスを併用した場合、最大割引額での実質月額料金は戸建で−800円、マンションで−2,000円です。つまり戸建・マンションともにドコモ光の料金は実質無料になり、さらに毎月の携帯料金から800〜2,000円の割引が受けられます。

ずっとドコモ割プラスの割引額を契約年数ごとにまとめたので、参考にしてみてください。

家族向けパケットパック

パケットパック 4年以上 8年以上 10年以上 15年以上
ウルトラシェアパック100 −1,000円 −1,200円 −1,800円 −2,500円
ウルトラシェアパック50 −800円 −1,000円 −1,200円 −1,800円
ウルトラシェアパック30 −600円 −800円 −1,000円 −1,200円
ベーシックシェアパック~15,30GB −600円 −800円 −1,000円 −1,200円
ベーシックシェアパック~10GB −400円 −600円 −800円 −1,000円
ベーシックシェアパック~5GB −100円 −200円 −600円 −900円

1人向けパケットパック

パケットパック 4年以上 8年以上 10年以上 15年以上
ウルトラデータLLパック −200円 −400円 −600円 −800円
ウルトラデータLパック −100円 −200円 −600円 −800円
ベーシックパック~5,20GB −100円 −200円 −600円 −800円
ベーシックパック~3GB −600円
ベーシックパック~1GB −200円
ケータイパック 最大−300円

ずっとドコモ割プラスを適用すると、家族向けパケットパック契約者で100〜2,500円、一人向けパケットパックの契約者で100〜800円の割引を受けられます。

ドコモ光とauひかりの料金比較!どっちが高い?

ここではドコモ光とauひかりの月額料金を比較してみましょう。

戸建 マンション
ドコモ光(2年契約) 5,200円 4,000円
au光(ずっとギガ得プラン3年契約) 5,100円 3,800円

ドコモ光とauひかりの月額料金を比較すると、戸建は100円、マンションは200円auひかりの方が安くなります。セット割引で比較するとドコモ光は「ドコモ光セット割」を適用して最大3,500円引、auひかりは「auスマートバリュー」を適用して最大2,000円引です。

ただし、ドコモ光セット割はパケットパックの価格から割引、auスマートバリューは契約台数分の携帯電話料金から割引で、3年目以降は月額934円の割引しか得られません。
契約台数が同じなら、ドコモのパケットパックをシェアする方が割安になることもあるので、月額料金はほとんど変わらないといえるでしょう。

ドコモ光とソフトバンク光の料金比較!どっちが高い?

まずはドコモ光とソフトバンク光の月額料金を比較してみます。

戸建 マンション
ドコモ光(2年契約) 5,200円 4,000円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円

ドコモ光とソフトバンク光では、戸建は同額、マンションタイプではソフトバンク光の方が200円安くなります。

セット割引の比較では、ドコモ光が「ドコモ光セット割」適用で最大月額3500円引、ソフトバンク光は「おうち割 光セット」適用で最大月額1,000円引です。しかし「おうち割 光セット」を適用するためには、月額500円のオプション加入が条件となります。

このため、ソフトバンク光の割引額は実質500円になり、条件によってはソフトバンク光の方が割高になってしまいます。

キャンペーン適用でドコモ光をもっとお得に契約しよう

ドコモ光でインターネットを始めるなら、できるだけお得に利用したい方も多いかと思います。ドコモ光のプロバイダである「GMOとくとくBB」からの申し込みで、お得になるキャンペーンがあります。

現在、「GMOとくとくBB」では以下申し込み特典がついてくるキャンペーンが行われています。

  • 新規工事料最大18,000円が無料(2019年5月6日まで)
  • GMOとくとくBBからの申込み限定で15,000円のキャッシュバック
  • dポイント最大10,000ptのプレゼント
  • ドコモ光専用無料サポート
  • v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタル無料
  • PC・スマホ対応のセキュリティサービス1年間無料

GMOとくとくBBからの申込みで、ドコモ光をお得に始めましょう。

最新情報をチェックしよう!