【東日本/西日本】ドコモ光 提供エリアの確認方法/範囲外の時の代替案

ドコモ光の契約をお考えではないでしょうか。月額料金が安く、ドコモスマホユーザーであればさらにセット割引が得られるので、乗り換えや新規契約を検討している人も多いかと思います。しかし、契約前絶対に確認しておきたいことに「ドコモ光のエリアはどの範囲か」があります。これを忘れると、契約時の手続きが少々面倒になります。

そこで本記事では、ドコモ光の提供エリア確認方法をNTT東日本、西日本に分けて紹介しています。ドコモ光契約前に、一度チェックしておきましょう。

ドコモ光提供エリア

ドコモ光はNTT東日本・NTT西日本が提供する光回線を利用したサービスです。

このためドコモ光のエリア確認方法は「フレッツ光」と同じで、ドコモの公式ホームページからNTT東日本・NTT西日本のエリア確認ページに移動できるようになっています。

ドコモ光のエリア確認はこちらから

【NTT東日本】ドコモ光対応エリア

NTT東日本のエリア確認は「地図」または「郵便番号」で確認できます。東日本の該当エリアは以下のとおりです。

北海道エリア 北海道
東北エリア 青森県・山形県・秋田県・岩手県・宮城県・福島県
甲信越エリア 新潟県・長野県・山梨県
関東エリア 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県

※長野県木曽郡南木曽町田立の一部地域はNTT西日本の提供エリアです。

【NTT西日本】ドコモ光対応エリア

NTT西日本のエリア確認は「府県」または「郵便番号」、「電話番号」で確認できます。西日本の該当エリアは以下のとおりです。

北陸エリア 富山県・石川県・福井県
東海エリア 愛知県・静岡県・岐阜県・三重県
中国エリア 広島県・岡山県・山口県・島根県・鳥取県
四国エリア 香川県・愛媛県・高知県・徳島県
九州・沖縄エリア 福岡県・大分県・佐賀県・宮崎県・長崎県・熊本県・鹿児島県・沖縄県

※静岡県熱海市・裾野市の一部地域、富山県中新川郡立山町の一部地域はNTT東日本の提供エリアです。

ドコモ光 自宅がエリア内か確認する具体的な方法

大体のエリアでドコモ光に対応しているかどうかはわかります。しかし、自宅に引こうとしているドコモ光が「戸建タイプ」もしくは「マンションタイプ」かをより詳細に知るには、「提供エリア検索」することをオススメします。

戸建ての場合

以下の流れで戸建のエリア確認ができます。

  1. 提供エリア確認ページで「戸建」を選択する
  2. 東日本では地図上の都道県から住所を選択するか、郵便番号を入力して検索する
    西日本では郵便番号または電話番号を入力するか、府県を選択して検索する
  3. ドコモ光を利用したい住所の番地まで選択する
  4. 提供エリア判定の表示

マンションの場合

以下の流れでマンションのエリア確認ができます。

  1. 提供エリア確認ページで「集合住宅」を選択する
  2. 東日本では地図上の都道県から住所を選択するか、郵便番号を入力して検索する
    西日本では郵便番号または電話番号を入力するか、府県を選択して検索する
  3. ドコモ光を利用したい住所の番地まで選択する
  4. マンションの場合はマンション名も表示されるので、該当するものを選択する
  5. 提供エリア判定の表示

マンションタイプの提供エリアを確認する時の注意点

マンションタイプの提供エリアを確認する際には、いくつか注意しなければならないことがあります。

集合住宅でも「戸建」扱いの場合もある

まず住居が集合住宅であっても、マンションタイプではなく戸建タイプでサービスが提供される場合があります。このパターンに該当するのは、集合住宅内の戸数が3戸以下の場合と、ドコモ光の提供エリアであっても、建物に光回線の設備が整っていない場合です

マンションタイプでの提供が可能な建物には、マンションの共有部分に「ラック」と呼ばれる設備が設置されています。しかしこの設備がない建物の場合は、各戸に直接回線を引く必要があり、戸建タイプでの提供となるのです。

戸建タイプでの提供では、マンションタイプと比べて月額料金が1,200円高くなってしまいます。また、マンションやアパート管理者の許可が得られないと、光回線を引き込む工事を進めることができません。

エリア確認でマンション名が表示されないこともある

エリア確認時にお住まいのマンションやアパート名が表示されなければ、建物に光回線の設備が整っていない可能性が高いです。回線の利用を申し込む前に、管理者に確認を取りましょう。

マンション名が表示されても必ずしも使える訳ではない

提供エリア検索で、マンション名が一覧にあったとしても必ずドコモ光を使える訳ではありません。

上記のように「ご指定の住所は、詳しい状況確認が必要です。」と表示されることもあります。この時は光コラボレーション先、つまり「ドコモ光」へ問い合わせの電話をしなければならないので、一手間かかってしまいます。

ドコモ光サービスセンター:0120-766-156 9:00~21:00(年中無休)

提供エリア確認後の申し込みの流れ

ドコモ光の申し込みは以下の流れです。

  1. 申し込み
  2. 利用開始の案内
  3. 開通工事
  4. お持ちのパソコンにて初期設定
  5. 利用開始

申し込みに必要な書類など

申し込みの流れを詳しく解説する前に、申し込みに必要なものを確認しておきましょう。必要なものは以下の3点です。

  • 本人確認書類(運転免許書、住民基本台帳カードなど)
  • 契約事務手数料 3,240円(税込み)
  • 料金支払に利用するクレジットカード・キャッシュカード

ただし、ドコモのスマホ・携帯電話・タブレットをすでに契約している方は、本人確認書類を提出する必要はありません。携帯電話番号とネットワーク暗証番号で確認するので、伝えられるように手元にメモを置いておくのが良いでしょう。

ドコモ光の申し込み方法は4つ

ドコモ光を申し込む方法は、ドコモショップ・ドコモ総合窓口(151)・家電量販店・代理店サイトの4つです。

申し込みが完了すると、開通工事の日程を決めることになります。通常1週間以内にドコモ光サービスセンターから日程調整の連絡が入ります。できるだけ早く工事を行いたい場合は、申し込み後すぐにドコモ光サービスセンターに連絡するのがおすすめです。

ドコモ光サービスセンター:0120-766-156 9:00~21:00(年中無休)

申し込み完了後にドコモから開通案内書、プロバイダから会員証が届きます。特に卒業・入学シーズンの3~4月は申し込みが混雑するので、余裕を持って日程調整を行ってください。プロバイダの会員証は通信機器の設定に必要なので、なくさずに保管しましょう。

プロバイダがドコモnetの場合、会員証は届かず、マイページにて必要なIDとパスワードが確認できます。

開通工事完了後は、プロバイダの会員証に記載されたIDとパスワードで通信機器の設定を行います。

以上がドコモ光申し込み後の詳しい流れです。

もし自宅がドコモ光エリア外だった場合の代替案

残念ながらドコモ光エリア外だった方に向けて、代替え案を紹介します。ケーブルテレビ会社のインターネットサービスやフレッツ光とは、異なる独自の回線を持つ光回線サービスがいくつか存在しています。

それぞれの特徴や価格を見ていきましょう。

ドコモ光タイプC

あまり知られてはいませんが、ドコモ光にはタイプCというプランが存在します。

タイプCはケーブルテレビ会社の回線とプロバイダがセットになったコラボレーションサービスです。利用できるエリアは限られていますが、フレッツ光がエリア外の人でも申し込みができる可能性があります。

ドコモ光タイプCはタイプAの月額料金と同じなので、お得にインターネットを利用できます。

  • 戸建:5,200円
  • マンション:4,000円

ケーブルテレビ会社によって、速度が異なるという点を理解しておいてください。

提携しているCATVは全部で15社

ドコモ光と提携しているCATVは15社です。お住まいの地域で提供されているCATVで該当するものがあれば、検討してみる価値はあるでしょう。

  • 株式会社シー・ティー・ワイ
  • 株式会社ケーブルネット鈴鹿
  • 近鉄ケーブルネットワーク株式会社
  • 株式会社エヌ・シィ・ティ
  • 株式会社ニューメディア
  • 株式会社 テレビ小松
  • 多摩ケーブルネットワーク株式会社
  • 香川テレビ放送網株式会社
  • 株式会社秋田ケーブルテレビ
  • 伊賀上野ケーブルテレビ株式会社
  • 上越ケーブルビジョン株式会社
  • 射水ケーブルネットワーク株式会社
  • 株式会社アドバンスコープ
  • 株式会社テレビ岸和田
  • 株式会社ケーブル富山

auひかり

auひかりはKDDIが所有する独自の光回線です。

対応エリアは狭いですが、フレッツ光対応でないエリアで使える場合もあります。まずは居住エリアで利用が可能か確認してみてください。

auひかりの月額料金は戸建がドコモ光と同額、マンションは100円安くなっています。

  • 戸建:5,200円
  • マンション:3,900円

auスマホユーザーであれば、auスマートバリュー適応で500~2,000円の割引が受けられます。ドコモ光同様に、スマホとセットでお得に利用できる光回線です。

ソフトバンク光

ブロードバンド回線事業者の加入件数No.1のソフトバンク光は、ソフトバンク株式会社が提供するフレッツ光ネクストの光コラボ回線です。そのため、ドコモ光と提供エリアは全く一緒となります。

3大キャリアの中ではマンションタイプの月額料金が最も安くなっており、ドコモ光よりも200円安いです。

  • 戸建:5,200円
  • マンション:3,800円

ソフトバンクスマホユーザーであれば、「おうち割 光セット」を適用して毎月1,000円の割引を永年受けられます。セット価格で言うと3大キャリアの中で最も割引率が高いです。

NURO光

NURO光はソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営する光回線です。

対応エリアは関東・東海・関西のみに限られますが、So-netのプロバイダ込みで月額料金4,743円(戸建・マンション7階以下)でインターネットを利用できます。

NURO光の特徴は下りの最大速度が2Gbpsで日本最速クラスを誇っている点です。インターネットの速さを求めているなら、検討してみる価値はあるでしょう。ただし、執筆時点(2019年4月10日)では、提供エリアが関東エリア、東海エリア、関西エリア、九州エリアの一部のみです。

関東エリア 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県
東海エリア 愛知県・静岡県・岐阜県・三重県
関西エリア 大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県
九州エリア 福岡県・佐賀県

自称最速を誇るNURO光ですが、若干他の光回線よりも月額料金が高いのがデメリットです。

  • 戸建:7,124円
  • マンション:4,743円

工事にかかる時間も1ヶ月程度かかり、繁忙期だとそれよりもっと待たされる可能性はありますので気をつけましょう。

まとめ

以上が、ドコモ光の提供エリア確認方法の紹介でした。東日本と西日本で若干確認方法は異なりますが、手順通りに進めれば難なくエリア確認はできると思います。

  • NTT東日本は「郵便番号」、「地図」でエリア確認
  • NTT西日本は府県」または「郵便番号」、「電話番号」でエリア確認
  • マンションでも戸建タイプのこともある
  • ドコモ光提供エリア外の場合、auひかりやソフトバンク光、NURO光がオススメ
最新情報をチェックしよう!